SEXはオナニー

こんばんは。

活動を再開しようとした所、緊急事態宣言が発令されてしまいましたので、基本的に月曜昼間の施術をメインに行って参りたいと思います。

週に1人の施術を予定しています。

コロナが心配だという女性は、コロナの感染者数が落ち着いてから、予約をして下さい。

SEXとオナニーは違う?

よく「SEXとオナニーは違う」という話を聞きませんか?

SEXについて本などを出したり、語ったりしている人ほど「SEXとオナニーは違う」と話していると思います。

~有名な信頼している人が言うのだから、そうなのだろう~

きっと、あなたも何となくそう考えていると思います。

実はこの考え方が女性がイク事から遠ざかっている理由です。

「SEXとオナニーは違う」というのは、主に男性に対して言われている内容であり、女性は「SEXはオナニー」だと考えた方が、より感じる事ができ、SEXを楽しむ事ができるのです。

女性が感じられないのは、相手の気持ちを考えてしまったり「自分の性的な快感に集中する事ができないから」である事が多いです。

「オナニーとSEXは違う」という意味は「SEXは自己満足ではない」と受け取れますので「自分だけが気持ちよくなったら申し訳ない」という考え方になってしまいます。

しかし、どうでしょうか?

男性は「女性に気持ちよくなってもらいたい」と思って、一生懸命に愛撫しています。

男性は「気持ちよくなってもらいたい」と思っているのに、女性は「気持ちよくなったら申し訳ない」と考えている。

ここに男性の気持ちと女性の気持ちにズレが生じています

ハッキリ言いましょう。

男性は、女性が理性がなくなる程に感じてくれた方が嬉しいのです。

自分のテクニックにも自信が持てますし、女性が興奮する姿を見て、自分もより興奮できるのです。

ここを勘違いして「Hな自分を見せたら嫌われる」と思っている女性が多いのです。

そんな、見せかけだけのSEXをしても、お互いに楽しくないでしょう。

実際には、本来の自分を出す事がSEXの醍醐味であるはずなのに、お互いに自分を抑えて「嫌われないSEXをしている」というのが、多くの女性が本当にSEXで感じられない理由です。

感じられる女性というのは、男性の事など気にせずに「自分の気持ち良さを表現」しています。

逆に言うと、男性の事を気にしていたら、気持ちよくはなれないのです。

男性に見られている事や、されている事を利用して、より興奮する事もできますが、そこは思考の使い方次第です。

全てを「自分の性感を高める事」に利用して下さい。

SEXは男性からの刺激を使ったオナニーと考える事で、より感じる事ができる様になります。

先ほども書いた通り、男性は「女性が感じる程興奮して気持ちよくなる」のであり「女性が気持ちよくなる事は男性が望んでいる事」なのです。

そして、もっと感じたければ、オナニーをしている時の様に「自分の世界に入り、自分で性的興奮を高める」必要があるのです。

この様に、考え方を変える事で、性感というのは大きく変わります。

何が自分の性感が高まる事を妨げているのか?という事を、ゆっくりと考えてみて下さい。

そこにあなたが感じられない理由があります。

りらく癒