イケない女性

こんばんは。

9月も末に入って、秋らしくなりましたね。
暑すぎず、寒すぎない気候がずっと続いてくれると嬉しいです。

イケない女性

「女性用性感マッサージを受けたい」という理由に「今まで一度もイッた事がない」からというものがあります。

男性とのSEXでも、一人Hでもイッた事がない女性は多いです。

一人Hでもイッた事がない女性の場合は「Hな自分を受け入れられない」「自分ではない自分になってしまいそう」「これ以上、気持ちよくなるのが怖い」と思っている可能性があります。

そういった場合、例え私が施術を行ったとしても、ある一定以上気持ちよくなった時に、いつもの自分を取り戻そうとして、必死に別の事を考えたり、これ以上気持ちよくならない様に無意識に抵抗します。

その様な状況で強い刺激を受けても、続ければ続ける程、女性は辛くなってしまいます。

なんとなく「イキたい」と思って応募したけど、「本当にイキたい」とは願っていなかったのかも知れません。

「中イキしたい」「男性の手でイキたい」と思っているのであれば、女性からの「本当にイキたい」という積極的な姿勢が大事です。

まず、女性自身が気持ち良さを受け入れられなければ、快感の頂点に昇りつめられる程、気持ちは盛り上がりません。

女性が自分で気持ち良さから逃げようとすれば、それ以上気持ちよくなりようがないのです。

イッた事がない女性が、刺激を強くする事でイケる可能性がありますが、気持ちが逃げている状況で身体だけイケたとしても、望んでいた様な快感は得られないでしょう。

イッた後に、急にものすごく冷静になったり、怖くなってしまったりする女性もいます。

ですので私は、刺激を強くして無理にイク事は勧めていません。

~ 自分の気持ちが盛り上がって、それが頂点に達してイク ~

というのが、女性が望んでいる本当の「イク」です。

イケなかったり、SEXが楽しめない女性は「自分の性的な興奮を盛り上げる事ができない」事が多いです。

SEXは「男性が気持ちよくさせてくれるもの」だと思っている女性が多いと思いますが、違います。

女性自身がもっと気持ちよくなりたいと思って、積極的にSEXに参加する事が大切です。

一人Hの時は、自分自身でHな気分を盛り上げていると思いますが、SEXの時にも、自分自身でHな気分を盛り上げる必要があります。

SEXでは男性にされるがまま、身体も心も完全に受け身の女性が多いです。

他の趣味の事を考えてみて下さい。
好きであればある程、自分から積極的に盛り上がったり、参加しようとするでしょう。

どんな目標でも受け身でいるだけで、達成できる事などないのです。

性感を高めるというのは、女性が男性から受けた刺激を何倍にも、何十倍にも膨らませる事ができるかどうか?です。

受けた刺激を何倍にも膨らませるには、自身の性的興奮を高めるしか方法はありません。

もしも、男性に触れたいと思ったら自ら触れに行っても良いし、自分から腰を動かしたり、男性を制して上に跨っても良いのです。

受け身が好きな女性もいれば、積極的に攻める方が興奮するという女性もいます。

もしも、自分が受け身のままでは興奮できないと思ったら、積極的に男性に奉仕したり、自ら腰を振ってみると、今までよりも興奮できるかも知れません。

ただ以前にも書きましたが、私はイク事が全てだとは思っていません。

イク事よりも、どれだけ感じる事ができて「SEXを楽しむ事ができるか?」の方が大切だと思っています。

勘違いしている女性も多いと思いますが、イケる女性が、イケない貴女よりも感じているとは限りません。

イクというのは、言ってみれば、脳がショートした状態です。

どれだけ感じるとショートするかは、女性によって全く違います。

イケる女性というのは、ショートするまでが早い女性かも知れません。

イケない女性というのは、もの凄い感じられる素質を持った女性かも知れません。

一度イッてしまうと、テンションが下がり、くすぐったくなったり、痛くなったりして、SEXを続ける事が難しい女性もいます。

イケないけど、気持ちよく感じられて、SEXを長時間楽しめる女性もいます。

「イク・イカない」という事に重きを置くのではなく、どれだけ気持ちよく感じられて「SEXを楽しむ事ができているか?」

に焦点を置いた方が良いと思います。

ちなみに、本当にイキたいのであれば、一人Hでイク事を目指した方がイキ易いと思います。

男性とのSEXでイク事は、一人Hでイクよりも何倍も難しいです。

男性とのSEXでイク事が当たり前だと思っている女性もいるかも知れませんが、そんなに簡単な事ではありません。

イケなくて普通です。
それについては、長くなるのでまた後日書きたいと思いますが、男性とのSEXでイケなくても悩む必要はありません。

ちなみに男性のテクニックがなかったり、愛撫の時間が短い場合は、女性がどんなに頑張ってもイケなくて当たり前ですので、自分を責めない様にして下さい。

まずはイク事に関する間違った知識を捨てて、正しい道を一歩一歩歩んでいけば、その先に快感の頂点が見えてきます。

りらく癒では、女性がイケる様になる為のサポートを行っておりますので、ご興味のある方はご連絡下さい。

よろしくお願い致します。

りらくゆう