今後のコロナ対策について

こんばんは。

東京都の外出自粛や、国の緊急事態宣言を受けて、りらくゆうの活動も現在自粛しております。

現在の所、施術は2週間以上行っておりません。

その間も、仕事後は家で過ごし、お休みの日も外出せず、外に出るのは犬の散歩や、必要な時にスーパーに行く程度です。

私の仕事は人を相手にする仕事ではなく、通勤などもありませんので、人と接触する機会は少なく、感染するリスクは極めて少ないと思います。

潜伏期から、長くて2週間程度で発症すると言われておりますので、活動していた時に移したり、移されたりという事はなかったと思いますので、その点は良かったなと少し安心しております。

他人事ではありませんし、自分もとても心配ですので、家にいる時はコロナについて毎日調べています。

とても危険だという意見から、楽観的な意見まで全て聞いた上で、自分のコロナに対する考え方のバランスを取っています。

大切なのは、他人と距離を取る事はもちろんですが「手を洗う事・手で顔に触れない事・マスクをする事」であると思います。

特に「手で顔に触れない事」がとても大切です。

マスクする事も、他人に飛沫を飛ばさない為、そして手で顔に触れない為に必要になります。

人との接触を出来る限り避けて、やむを得ず仕事に行ったり、スーパーなどで買い物をする時は「手洗い・顔に触れない・マスクをする」を守る事で大幅に感染するリスクを小さくする事ができると思います。

これを読んで下さっている女性も「コロナに対する恐怖」と「誰かに触れられたい」「性感マッサージを受けたい」という気持ちで大きく揺れ動いていると思います。

もし、コロナが落ち着いたとしても、今までと同じやり方では受ける女性に対して不安を与えてしまうと思います。

もともと、りらくゆうでは女性との距離感や、性病などの感染対策、使用するオイルなどの清潔さには細心の注意を払っておりましたが、これからは、それ以上に厳しくする必要があります。

これから、りらくゆうでは施術の時に下記のコロナ対策を行います。

基本的な事として(施術の日以外も気をつける事)

1.普段から感染しない(させない)様に細心の注意を払い生活します
2.不要不急の外出をしない(施術数も減らします)
3.うがい・手洗い・マスクを怠らない(一日に何度でも)
etc・・・

施術の時のコロナ対策

1.マスクは常に着用する(行き~施術中~帰るまで)

2.ホテルに着いたら、まず手を洗う(うがい薬も)

3.除菌スプレーを用意し、必要に応じて使用する

4.ホテルの空気清浄機・換気扇を稼働させます

5.注意事項の説明中もマスクを着用します

6.お風呂に入って全身を綺麗に洗います(顔含む)

7.施術用の服に着替えます

8.脱いだ服は少し離れた所に置きます

9.女性の顔にタオル(布)を載せます(マスク代わり)

10.施術中も私はマスクを着用します(施術用のマスク)

11.口へのキスなど、感染するリスクがある行為はしません

12.胸を舐めるなどの行為に関しては、女性に判断して戴きます
(目・鼻・口以外の粘膜からの感染は確認されておりません)

13.顔と顔が近づき過ぎない様に気を付けて施術を行います
(顔と顔が近くで正対しない様に心がけます)

14.女性の顔には触れません

15.施術後は、お風呂に入り顔と身体を綺麗に洗い流します

16.家に帰るまでマスクを着用し、帰ったらすぐ手を洗います

17.外出した服などは除菌し隔離します(すぐ綺麗に洗濯する)

18.施術以外の不要不急な外出は一切行いません

まだ、注意が足りない部分もあるかと思いますので、必要な対策が見つかりましたら、随時追加していきたいと思います。

女性の方から、もし気になる様であれば、除菌スプレーなどを使って戴いたり、もっとこうして欲しいなどの要望を気軽に伝えてもらえればと思います。

不安があると、感じる事にも影響が出てしまいますので、できる限り不安を取り除いた環境で施術を行えたらと思います。

そこまで行っても、完璧ではありませんので、本当に感染する事が不安であるという女性は施術を受けない事も必要だと思います。

この状況は数か月では終わらないと思います。
有効な薬ができるまでに、最低2年はかかると言われています。

これから2年も誰とも触れ合わないまま、過ごすのは私にとっても、女性にとっても、とても辛い事であると思います。

恐らく、どこかのタイミングで小さなリスクを取って、仕事を再開したり、誰かと触れ合う事を許可する時が来るはずです。

その時に、リスクを感じながらも、できる限り安心して接する事ができる様に準備をしたいと思います。

大変な時ですが、感染しない様に気をつけながら、毎日を過ごしていきましょう。

りらくゆう

Follow me!