究極のSEXテクニック

こんばんは。

今年もあと数日で終わりですね。
本当にあっという間です。

今年も多くの女性に応募戴き、何も問題なく無事に施術を行えた事に感謝しております。

りらくゆうは、いつまで続けられるかはわかりませんが、来年も活動を続ける予定ですので、よろしくお願い致します。

究極のSEXテクニックとは

究極のSEXテクニックがあるとしたら、どんなテクニックでしょうか?

Gスポットやポルチオに対して、大きく手を動かして強い刺激を与えたり、膣奥に対してガンガンに腰を動かしてピストンする・・・

AVの影響で多くの人にとってSEXテクニックとは、外から見て激しければ激しい程すごいテクニックなんだと勘違いしてしまう傾向にあります。

それとは真逆に、私がこの活動を通してたどり着いた究極のSEXテクニックとは・・・

何もしない事です。

何か、特別なテクニックがあると思って読んでいた方には、がっかりさせてしまったかも知れません。

「何もしないってどうゆう事?」と思われる方も多いと思います。

まず基本的な考え方として、女性に大きな快感を与えようとする時に、身体に対する刺激は弱ければ弱い程いいです。

「小さな刺激で、大きな快感を与える」

これが、究極のSEXテクニックの基本です。

Gスポットに対する刺激、ポルチオに対する刺激、激しいピストンによる挿入など、私も様々なテクニックを勉強し、行ってきました。

しかし、突き詰めれば突き詰める程「何もしない方が良い」という結論にたどり着くのです。

何もしないと言っても、本当に何もしない訳ではありません。

例えば、膣の中に指を入れてもあまり動かさない方が良い・ペニスを膣の中に入れてもあまり動かさない方が良い・クンニも舌をあまり動かさない方がい良い

究極的には、全く動かさない方が良いという事になります。

ただ手を膣の上に置いて、乳首を舐めたり、アダムタッチを行ったり・・それだけで、普通の女性がクリトリスに触れられて感じる以上の大きな官能を女性に与える事ができます。

小さな刺激というのは、女性の身体にとっても負担が少なく、安心して快感に身を任せる事ができます。

よく女性が大きく声を出したり、身体を大きく動かしたりすると「感じているんだ」と思ってしまう男性も多いと思いますが、これは強すぎる刺激に対して身体が大きく反応しているだけの可能性があります。

女性は、淡い刺激が長く続く事で少しづつ性的に興奮し、自ら快感の渦中に入りこんでいきます。

性的興奮が高まる前に強すぎる刺激を行うと、女性が自ら性的興奮を高めようとしている思考をストップさせてしまいます。

もちろん「ただ動かさなければいい」という訳ではありません(動かし過ぎるよりは良いと思いますが)

手を動かさなくても大きな快感を感じてもらうには、膣に触れるまでに「女性の性的興奮を最高の状態まで高める」必要があります。

その方法が、私にとっては「アロママッサージ」であり「性感マッサージ」なのです。

言葉でも、テクニックでも、雰囲気や存在でも、女性の性的興奮を高められるのであれば、マッサージは必要ありません。

性的興奮が高まっていない状況で、いくらGスポットを開発しようとしても、ポルチオを開発しようとしても、ペニスでガンガン腰を振っても、女性の身体も性感脳も開発されませんし、大きな快感を女性が感じる事はありません。

性的興奮が高まらず、弱い刺激では反応しない女性を見て、男性はもっと強い刺激が必要だと感じます。

強すぎる刺激に反応した女性を見て、男性は「大きく感じてる」と誤った認識を得るという悪循環の繰り返しです。

何もしない事、あまり動かさない事

これが、一番簡単な様で、一般的な男性には一番難しい事なのです。
本当に自分に自信がなくては、できない究極のテクニックです。

究極のテクニックは「何もしない事」

私は改めて、この考えの基、施術を行っていきたいと思います。

Follow me!